NHK・全国紙等へ多く実績がある講座。随時入会でき、すぐに準備が進められます。


マスコミ人、社会人としての意識はもちろん、ES、作文、面接そして時事教養。


網羅的に指導する講座です。


MSFでの受講を考えたのなら、まずはメイン講座の受講から始めてください。



現在、就職活動中の方、出遅れていると感じている方など、大歓迎いたします。

メイン講座<マスコミ・一般企業への就職転職採用試験向け総合対策講座>
マスコミに受かる人ではなく、「真のマスコミ人を育てたい」
MSFは東京以北唯一、札幌を拠点に開設するマスコミ就職を主に指導する私塾です。
講師は当初、大手マスコミ就職指導校講師などとして東京発信情報の利点を生かしつつ、地域の学生の特性に合わせた独自指導で北海道の学生を多数マスコミ業界に入社させました。
オリジナルな指導方法を確立後、単に「マスコミに受かる人」ではなく「真のマスコミ人」を育てたい、そうした思いから98年8月に札幌で「私塾」を開設するに至っています(99年に仙台教室開設以後、東京、大阪、京都、福岡にも教室を開設しました)。
既存の予備校では「どこかの本で読んだような話」「業界人の自慢話」的な講義に象徴されるように一方的な講義に基づく「お仕着せ」の講義が大半です。MSFでは当初「やる気」に満ちあふれていた学生が講座内容に失望し次第に講座に通わなくなる、そのようなことはなく、中には忙しい仕事を持ちながら受かるまで数年通い続けるといった方までいます。
当塾の核である「メイン講座」は試験内容に直結した講義と、実践的な模擬演習など、充実した内容が用意されています。しかし、それ以上にMSFでは単に試験で問われるノウハウのみ教えることなくジャーナリスト、社会人として必要な知識や意識を持ち合わせてもらうことが大きな指導目標です。そのため、少人数・定員制による指導を行っています。
一方的に「教え」ないから、「マスコミ・スタディ・フォーラム」なのです。
当然のことながら、マスコミに限らず就職試験には「絶対」はありません。これだけやれば「受かる」とも言えません。試験の内容、その性質を考えただけでも、自明の理です。試験を1、2度受けただけでも、誰もが理解できるでしょう。MSFの内定実績も100%とはなりません。しかしながら、MSFはマスコミに「受かる」ことを当然の前提とします。「受かること」だけにこだわってほしくないという考えからで、単にそれのみを目標にするような人はそもそも受かりにくい人であり、仮に受かったとしても良いマスコミ人になれるわけはない、とも思うからです。だからこそ、単に「受かる」人より「真のマスコミ人を育てたい」と思います。受かった後のことまで考えて指導をしたい。そんな方針に共鳴できる皆さん、ぜひMSFの仲間になってみませんか。
 
■MSF講師(山田孝先生)からのメッセージ
MSFは大手マスコミ各社へ、受講生の2人に1人以上が内定します(※)。
(※)短期の受講ではなく、最低半年以上の期間MSFの指導を受けた一般的な現役大学生・大学院生の受講生を対象とした場合。
よく何か特別なことをしているのかと聞かれます。そうしたことは全くありません。当塾では、出題が予想される漢字にランキングをつけ暗記させるような指導方法は採用しません。皆さんは今まで高校や大学に進学するための受験勉強などで正解のある答えばかりを解いてきたことでしょう。だから、こんな答えでは納得できないかもしれません。それじゃあ、何を教えるんだ、と。MSFは、私はこう考え、こう指導しています。
○仕事で直面する現実の社会では必ずしも正解があるとは限らない。
○マスコミの多くは何とかして解決の方法を見つけ出すという仕事。
○取材現場では入社試験が良くできたということは何も意味がない。
あなたの人格や今まで得た知識によって問題解決に当たる必要がある

@当然、各種試験対策は実施する(マスコミ塾はこの指導のみが多い)。
A働くことにつながる講義を行う。私が時間をかけ読み込んだ資料を厳選、参照したりしながら、マスコミ人、社会人の感覚を身につけることを意識し講義、演習を繰り返し行う。
Bそして少人数ゼミ、面接演習など。これも受かるためだけではない。あなたは内定後、取材者(表現者)として市民の前に現れることになる。そうした自分の姿を想像して欲しい。↓
結果として、筆記、エントリーシート、面接対策に全てつながっている。
だから、MSFは、たくさん受かる。マスコミ以外に進む方も有益だったと言ってくれる。
MSFは「ジャーナリズム感覚」「一般的な感覚に合致した社会常識」を磨き上げることができる場とも言えるかもしれません。
マスコミに受かること自体は、出版物や就職産業があおるほどの「人気」も、それほどあるとは思えません。だまされる必要はないと申しては、言いすぎでしょうか。ですから、私はことさら受かることの難しさなどを強調し、講座勧誘する気にはなれません。
MSFは上に書いているように、マスコミに「受かる」のを当然の前提とします。だからこそ「受かる」人より「真のマスコミ人を育てる」。そうした指導をしたいと考えています。
美しいものを見たらきれい、人から親切を受けたらありがとう。そうした感覚さえ身につけられれば、きっと受かります。逆に言えば、いくら指導をしても、皆からアドバイスを受けても、自らの価値観などを譲ることが全くできないような独りよがりな人、人への感謝ができないような人は、いくら指導を施しても受かりにくい人です。自ら必死に自身の課題に気づく、そして必死に取り組む、そうした自らの真摯な努力が求められます。これは当然のことです。教室にはそのヒントが沢山あるはずです。
MSFは指導が厳しく見える。そのような声も聞きます。外から見たら、確かにそのように見えるのかもしれません。「マスコミって面白いじゃん」「かっこいい」。目指すべき仕事の内容を考えた場合、そのような宣伝で受講生を集めること、そして、そうした前提で集まっている受講生への指導など、とても私にはできそうもありません。一方で、笑いの絶えない教室が今も懐かしいと言ってくれる元受講生がとても多いことは事実です。
これが正解、というマニュアルは提供しませんが、結果としてエントリーシートに書き込むことができる。MSFの指導は、そのようなものです。
MSFは大きな会社のようなサービスの提供などはできませんが、小さなマスコミ塾のメリットを生かした指導に努めたいと考えています。
 
■MSF代表・講師:山田孝先生の略歴
山田孝(やまだ・たかし)先生
北海道出身(北海道在住)。中央大学法学部卒業。
卒業後すぐ22歳で新聞社に勤務し、退社後、20代後半から約2年間にわたり(98年7月まで)、旧早稲田マスコミセミナー専任講師および同ブランチ校事務局長や、新聞記者と広告人による「マスコミ就職を考えるマスコミ人と大学生の会」講師(98年)を務めました。この間、大学就職課および大学生協主催の就職講座等の講師も多く歴任しました。
98年8月に当塾(当初、総称を「マスコミ就職の学校」、講座名を「マスコミ・スタディ・フォーラム」とし、その後まもなく講座名を総称に改める)を設立し、現在に至っています。新聞社での在社年数よりも既に就職指導歴のほうが5倍以上となっています。
札幌を拠点に東京、京都など各教室(期間限定で行った教室も含む)の全て、論作文、エントリーシート、面接対策指導、時事教養講義などを一人で指導しています。
その指導範囲は他のマスコミ塾、それら講師に類を見ないはずです。これらを網羅的に指導できるのは、日本でも唯一かもしれません。通信指導の各講座も多く担当しています。
指導歴は27年、2022年1月で28年目に入ったことになります。事務局や教室には、過去の受講生である現役記者、業界人などの来訪も多くあります。指導した受講生には国内ジャーナリズムの最高賞とされる日本新聞協会賞を受賞したジャーナリストも既に複数おります。
 
■MSFおよび山田先生の取材・テレビ出演等について
MSFおよび講師の山田先生は、こうした指導者は功名に走らず、黒衣で良いとの考えを持っております。そのため、積極的にマスコミ取材や、大学や就職セミナーでの講演などを自ら働きかけたりしたことは一度もありません。
過去では、NHKニュース「おはよう北海道」特集コーナー、北海道テレビ放送「夕方Don!Don!」ニュース特集などに出演、取材をお受けしております。
出版物では、マスコミ就職読本「第1巻入門編」(創出版刊)に東京を本拠地としないマスコミ指導校で唯一紹介いただきました(2003年〜06年のみ)。
このほか、放送批評懇談会編集の月刊誌「GALAC」2002年8月号に「北の硬派マスコミ塾」と題してご紹介をいただいております。
 
■事務局・事務案内
MSF 事務局所在地・受付時間等事務案内はこちら → 事務局・事務案内
 
マスコミ就職関連の業者、出版社、ボランティアを標榜し指導する方々へ心からのお願いを申し上げます。大変僭越に存じますが、最近、当塾ホームページを参考になさってのコピーや指導内容をなぞられた宣伝を多く目にするようになりました。
当塾の理念や指導内容が共感を得ているものと考えてはおりますが、残念な思いももっております。当塾の指導内容は長年の経験が背景にございます。誠実な姿勢で未来のマスコミ人にともに向き合いたいと願っています。
マスコミ・スタディ・フォーラム TOPMSF就活セミナー